2016年3月14日付の
『全国商工新聞』一面のタイトルです

全商連が情報開示で入手した
税務署の内部文書などを基にした
税理士さんの分析です

それによると
・税務調査の時期が早まる
・消費税無申告者への調査が増加
・簡易課税選択申告者に調査を集中 など

予告もせずに突然
調査に入る「無予告現況調査」も横行しています

詳しくは商工新聞に掲載されています
ご希望の方には見本誌を送ります
(数に限りがあります)

旭川民商ホームページの
『お問い合わせ』フォームから
申し込んで下さい

その際、お問い合わせ内容に
【商工新聞見本希望】とご記入下さい

商工新聞は中小業者に
役立つ記事が満載です

この機会に読んでみませんか